生酵素と便通との関係は?便秘気味の方にもおすすめ

1c66e82b47b7fa2db90a00217c298cf8_s

消化酵素の分泌が不十分だとどうなる?

酵素は大まかに消化酵素、代謝酵素に分かれますが、このうち消化酵素には炭水化物の分解に関わるアミラーゼや、タンパク質の分解にかかわるプロテアーゼなどがあります。
私たちが食べた食べ物は、これら消化酵素の働きで分解され、小腸にて吸収されます。
このため消化酵素の分泌が不十分だと、消化吸収力が落ちてしまい、消化が不十分なままのタンパク質などがそのまま大腸へやってきてしまうのです。

そうやって消化が不十分な食べ物が溜まっていくと、排便がスムーズに行かなくなる場合があります。
それが便秘なのです。

生酵素が便秘にいいと言われる訳

酵素について調べていると、よく「酵素で便秘解消」なんていう記事を目にすることがありますが、これは上記のように酵素の不足が便秘のひとつの要因になっているためです。
便秘を放っておくと、悪玉菌の影響で腸内環境がさらに悪化してしまいます。

そしてそれが肌荒れなどの原因にもなりますから、キレイなお肌を維持していくためにも便秘は改善する必要があると言えます。
便秘を解消するためには、生酵素によって消化吸収力をアップさせることも大切です。
消化酵素に関しては、大根の根の部分やパイナップル、ショウガ、イチジクといった食べ物に多く含まれています。
フルーツに関しては生で食べることが多いため、酵素を加熱によって失ってしまうという心配もありません。

生酵素でさらなる便秘解消へ

酵素は熱に弱いという性質があるため、酵素ドリンクなどとして販売されているものの中には、酵素が熱で壊れてしまっているものもあります。
ただ酵素は再結合しますので、加熱した酵素がダメというわけではありません。

しかし生酵素の場合、加熱という手を加えずにじっくりと時間をかけて発酵熟成させていくため、酵素よりも優れた効果を期待することもできるでしょう。
今までしつこい便秘で悩まされていたという方は、この機会に是非生酵素をチェックしてみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ