生酵素と乳酸菌

ebbf820d0d8d270e42a46be9fae08267_s

生酵素と共に摂取したい乳酸菌

生酵素サプリメントなどの中には、生酵素だけでなく乳酸菌もたっぷりと含まれているものが少なくありません。
これは乳酸菌が、生酵素と一緒に積極的に摂取していきたいものだからです。

乳酸菌も生酵素と同様、私たちの体には欠かせないものであり、これが減ってしまえば悪玉菌が増え、活性酸素も増加してしまいます。
そこで乳酸菌を含む生酵素サプリメントなどを摂取していけば、腸内の善玉菌も増加し、腸の働きもよくなってきます。
腸内環境が整えば、老廃物の排出も円滑に行えるようになります。

乳酸菌が発酵をサポート

生酵素サプリメントなどに乳酸菌が使われるのは、乳酸菌が発酵を促してくれるという理由も関係しています。

生酵素サプリメントのOM-Xには、TH10乳酸菌という乳酸菌が使われていますが、これは一般的な乳酸菌に比べると6.25倍も高い発酵力を持っています。
180種類もの乳酸菌から選び抜かれた独自の乳酸菌であるTH10乳酸菌には、これまでに多くの研究実績があります。
その他にもOM-Xには、ブレビス菌やカゼイ菌、ブレベ菌といった全12種類の乳酸菌が含まれています。

上質な発酵食品づくりに欠かせないもの

乳酸菌というのは、本来は体にとっては異物となる存在です。
そんな乳酸菌ですが、発酵食品と共に摂取すると、免疫細胞の働きによって乳酸菌は体には無害であると判断され、それが免疫の活性化へとつながります。

だからこそ、乳酸菌と酵素の良さを高めていくためには、生酵素という形で発酵食品を摂取していくことが重要になります。

乳酸菌を使っての発酵によって、有機酸という短鎖脂肪酸が生じますが、これは体にとってのエネルギー源になったり、腸の細胞を治したりと重要な役割を担います。
このように生酵素と乳酸菌とは密接に関係しているため、生酵素サプリメントなどを作る際には乳酸菌へのこだわりも欠かせないということになってくるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ