本当に「生」で摂取しても良い?危険性は?

8bed4cb0d5ae1c5fcd7b349309b1a13e_s

雑菌などは繁殖しないのか?

酵素は50度以上の熱を加えると、酵素が持っている栄養素や成分が壊れてしまいます。大切な栄養素を壊さずに酵素を効率よく摂取するためには、生酵素の摂取が欠かせません。

しかし、ここで疑問に思うことと言えば、加熱処理を行わないことによって雑菌の発生などのリスクはないのかどうかということです。すべての生酵素サプリが安心かと言えば断言することはできません。

しかし、生酵素OM-Xの生産時は徹底的に衛生管理を行っているため、雑菌繁殖のリスクも少なく、そして生酵素は従来の酵素よりも栄養素がギュッと詰まっています。

ですので、酵素よりもより高い効果が期待できるとされており、現在は多くの方から愛用されています。

徹底した管理体制で作られる生酵素

雑菌の繁殖などを防ぐために、生酵素OM-Xを作る工場などでは徹底した衛生管理などを行っております。
まず、生酵素の生産に必要となる材料は、入荷と共に雑菌などが付着していないかを厳重に検査を行います。そうして検査を無事に通過した材料のみを生酵素の材料として利用します。

また、生酵素は5年物間ゆっくりと自然発酵を行います。その間でも検査士がしっかりと生酵素の状態をチェックします。ソフトカプセルに収めた後も菌が混じっていないかのチェックと、わずかに残っている可能性のある農薬などの残留物のチェックも欠かすことはありません。

複数回にわたる投与の実験の末、生酵素はカプセルの状態で生酵素OM-Xとして各家庭に送られていきます。
このような厳重な検査と実験を重ねているので、生酵素OM-Xには雑菌混入などの危険性は低いと考えられます。

固形タイプのサプリメントの生酵素OM-Xなら安心

液体や粉末タイプのサプリメントは、必ず65度以上の温度で10分以上加熱することが義務付けられています。
酵素と言っても数多くの種類のある酵素、中には50度の加熱で壊れてしまうものもあれば70度でようやく壊れる酵素もあります。
しかし多くは65度以上で壊れてしまうこともありますので、加熱処理を行わなくても良い固形タイプのサプリメントがオススメとなります。
だからこそ生酵素OM-Xのような、生酵素を固形サプリメントにした製品が大変注目されているのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ