なぜ「生」でなくてはいけないの?

そもそも「酵素」と言うものはもともと人間の体の中に常にあるもので、身体の中で起こる様々な化学反応をコントロールしているもの。
人間には必要不可欠のものです。
それが既に体内に幾千もあります。
この酵素が不足してくると、だるさ、免疫力、体力の低下、怠慢などの症状を帯びる事があります。
この酵素は熱に弱いと言う特徴があって、40度を超えるとその働きは弱まってしまいます。
通常は人間と同じ37度前後の温度の中でその働きが一番活発になるからです。

しかし、OM-Xと言われる生酵素は、一切酵素に対して加熱をされていませんので、生の、本来素材が持つ持ち味をそのまま摂取する事ができるのです。
その為、「生」である事が今注目されているのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ